MENU

社会福祉士資格を取るためには

社会福祉士とは

社会福祉士とは、日常あまり接することがない職業ではありますが、社会的弱者に対して様々な支援を行う入り口となる専門家のことを指して言います。公的機関や病院などで活躍していることが多いです。ソーシャルワーカーと呼ばれます。直接サービス提供をするというよりは、一人一人の状況に応じてどのようにサービスを使っていくべきかなどを考える仕事という事もできます。最近は人とのつながりも希薄になり、育児や介護、貧困など何らかの問題を抱えると非常に生きづらくなるといわれています。こうしたことを発端とする問題が多くなっているため、社会的にも非常に意味の大きい仕事であるといえるでしょう。
そういった仕事であるため、福祉分野について幅広い知識が求められます。それ以外に、医療や心理、法律の知識なども必要とされるため、仕事をするうえでは常に学び続けていく必要があります。
社会福祉士になるためには基本的には養成機関を卒業する必要があります。必要単位を取得して卒業することで受験資格を得られます。そうして試験を受けることになります。そのためまずは養成機関を卒業することを目標とすべきです。大学等で社会福祉士の受験資格を得られるコースを選ぶのが近道といえます。

社会福祉士資格の取得方法

社会福祉士の資格を取得方法は社会福祉士国家試験を受験し、合格することです。試験は年に1回、毎年1月下旬に行われます。受験申し込みは9月上旬から10月上旬にかけてです。
受験するためには受験資格が必要です。福祉系大学で指定科目を履修するというのがもっとも一般的なケースです。福祉系大学の履修期間が4年に満たなければ、2年間の場合は相談援助の実務期間2年、3年の場合は相談援助の実務期間1年で補うことができます。指定科目を履修していない場合、または社会福祉主事養成機関での履修を終えた方は短期養成施設等で6か月以上の履修が必要です。また、児童福祉司、身体障害者福祉司、知的障害者福祉司、老人福祉指導主事の実務経験が4年以上ある場合も、短期養成施設等での6か月以上の履修を終えれば受験資格を得ることができます。
一般の大学等の卒業生は一般の養成機関で1年以上の履修が必要です。その際も、短大卒で履修期間が4年に満たなければ、2年間の場合は相談援助の実務期間2年、3年の場合は相談援助の実務期間1年で補うことができます。
試験においては精神保健福祉士の場合は、受験の申し込みの際に申請すれば、一部試験科目を免除されます。

 

更新履歴